トートの坩堝

知識の掃き溜め。そう、備忘録のことさ。

余暇の時代がやってくる(いや、すでにきている)

働き方改革などが、国をあげて取り組み始め、プレミアムフライデーやら何やらで一時盛り上がり、その後も各業界で被雇用者の労働について真摯に考えるようになった。 この最近の動きには、ひとつはいまの日本が労働者不足で売り手がアドバンテージを取れるよ…

勘と直観、仮説思考について

普段は、ゴミ溜めとかしたGmailの受診ボックス。いつもスルーしているメルマガを、なぜか今日は気になって少し覗いてみた。 そこでこれまた、たまたま気になって読んだのが、小林秀雄の直観に関するエッセイである。これを読んで、「考えること」について少…